2010年12月28日火曜日

冬季休業のご案内

拝啓

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜わり厚くお礼申し上げます。


さて、弊社では誠に勝手ながら,


12月29日(水)~1月5日(水)


までの8日間を冬季休業とさせて頂きます。

よろしくご了承のほどお願い申し上げます。


                            敬具








というワケで、次回は1/6!
投稿できればですけどw
それまで皆様、しばしのお別れです!

2010年12月27日月曜日

3D CADのAPIテスト用PC 事例2

先日の話は「休みますよ」というフリではないのだよ!

いちおう、私が犯罪を犯しても「職場では真面目に働いていたそうです」とリポーターに報道される自信はありますから。



今回のPC事例に関してですが、本当なら、今年を締めくくるに相応しい、もっとクレイジーなPC事例の方がウケ(?)が良いのかもしれませんが、ある意味どこもやらない構成のネタです。
ブログへの投稿を休んでいた間も、いろいろな特殊事例の導入がありましたので、懐(PC事例ネタ)を温められました近いうちにそれも紹介したいと思います。




【要望】


用途:3D_CADのAPIテスト

OS:Windows 7 64bit 日本語

CPU:シングルプロセスが高速なもの

メモリ:16GB
HDD:合計4台搭載、RAIDなし
WD6000HLHX*2(片方はシステム用、片方はアプリのビルド用)
WD20EARS*2(テスト領域)
ビデオカード:QuadroFX580 1枚

筐体サイズ:ラックマウント 2U

リモートで使用するので、マウスとキーボードは不要
保証期間:延長3年オプション


【弊社が提案したPCの構成】

OSMicrosoft Windows 7 Professional 64bit 日本語
チップセットIntel i3420 ATX LGA1156
CPUIntel Core i5 i5-670 3.46GHz(TB 3.73GHz)/4MB
2C/4T 73W
メモリ合計16GB DDR3-1333 PC3-10600
ECC Unbuffered 4GB x4
HDDWestern Digital WD VelociRaptor
600GB S-ATA 10000rpm 3.5"
WD6000HLHX x2

WD20EARS 2TB S-ATA 3.5" x2
光学ドライブスリムDVDスーパーマルチドライブ
ビデオnVidia Quadro FX 580 512MB PCI-E
DVI-I x1 / DisplayPort x2
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x4 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E Gen2.0(x16) x1 / PCI-E(x4) x1 / PCI x1
筐体1Uラックマウントシャーシ 520W
外形寸法幅437x高さ43x奥行503(mm)
その他
備考4年保証



前回の導入事例を踏襲した、発展系(HDD 4台)です。

2Uとのご要望をいただいておりましたが、これはお客様が「HDD4台は1Uでは厳しいのでは」と懸念されていたためですが、ビデオカードを搭載する関係から、むしろ2Uの方が難しいです;
Quadro FX 580はLP(ロープロファイル)ではなく、通常のATXサイズです。
2Uの場合LPが基本ですが、通常のATX規格対応のシャーシも、少ないながら、ございます。
ただし、シャーシに対応するライザーカードが限定され、さらにライザーカードの位置に対応するため、マザーボードも限定されるため、ご要望にある「シングルプロセスが高速なCPU」を搭載できなくなってしまいます。
これでは本末転倒。

1UでもHDDを4台搭載できるシャーシはありますので、問題ありません。
1Uの場合、3.5"なら最大4台、2.5"なら最大10台までいけますね。


今回もQuadro FX 580はロープロファイルに対応していないため、1Uでライザーカードを使う構成にしました。
前回、弊社でセットアップをした際、稀に「OS起動時にグラフィックドライバを正常に読み込まず、解像度が正常に出ない」という症状が発生することを確認しました(グラフィックドライバは当時の最新版を使用しております)が、今回はOSがWindows 7だったためか、この症状は確認されまんでした。

また、当初はQuadro 2000でのご依頼をいただいておりましたが、そこまでの能力は必要ないということでQuadro FX 580になりました。
当時Quadro 2000は発売されたばかりで、入手性もよくなかったため、安心しましたw


HDDに関して、前回も600GBを希望されていたのですが、ちょうど発売間もない時期で、供給が安定しておらず、入荷を待っていると希望納期をブッちぎってしまう関係で300GBにしていただいたのですが、やっと供給が安定したため、600GBを搭載しました。


また、前回もお話したとおり、このマザーボードに関して、メーカーではCore i5を正式にサポートしておりません。
前回Core i5 670を動作させた実績があるため、そのままこの組み合わせでGOになったのですが、若干時間が経っていますので、BIOSが更新されて、完全にCore i5を非サポートになっている可能性もありました。
杞憂で良かったのですが、やはり起動時に、”This CPU is NOT Supported!!!”と表示され、起動処理が一旦止まってしまうため、今回もBIOSでエラーメッセージが表示されても止まらないよう設定しました;

当初、4コアと24GBメモリの場合のお見積もりもいただいていたのですが、シングルプロセスが高速なCPUとなると、X5677(3.46GHz 4C/8T)になるのですが、TDPが130Wのため、1Uへの搭載は熱的にも電源的にもお勧めできません。
TDPが95Wでクロックが早いものですと、X5667(3.06GHz 4C/8T)になりますが、Core i5 670には及ばないう上、価格がかなり上がってしまいます。
マザーボードも当然このCPUに対応する製品に変更するため、構成的にはバッチリなのですが、ご予算の関係で、こちらは見送りになりました。

どうでもいいですけど、案外X5667とかX5677とか、いわゆる「X56xxシリーズのくせに4コアなんだけどそのおかげで低消費電力になったからクロックは早い」CPUを使う機会がありません。


気になる方は、是非是非コチラへ。


←今回使用した1Uラックマウントシャーシです。

前面からHDDの出し入れができ、ライザーによる拡張も可能です。
意外と使えるんだこれが!(何

2010年12月24日金曜日

メリークリスマス☆

イブですけど。

こんな日のこんな時間にこんなブログを投稿するとは、どういうことでしょう。
私にもわかりません。




本日もPC事例の日ですが、例によって(略


本日を除くと、残すところ実稼働日は1日です。
実際には残り2日ですが、最終日は大掃除ですので…といいつつも、実際には仕事するんでしょうねw
大掃除に精を出すのは、恐らく午後からでしょうw

大掃除のことじゃなくて。

なんだかんだと通常業務が忙しすぎて、結局12月は1つもPC事例を紹介できていません。
GALAXY Sネタとか、どうでもいい雑記とか、もっとどうでもいい休載の連絡ばかりで…。
で、残りの実稼働日は1日で、幸い(?)にも月曜日ということで、12月最後の投稿で、12月唯一のPC事例ネタをご紹介できると思います。

忘れなければ。


私の物忘れのヒドさには定評がありますので、今度の月曜日に必ずPC事例を紹介できる自信は、全くありません




先日お話したThe 3rd Birthday。
昨日、事務所での仕事を終えてから、別の事務所に移動して仕事をしました。
別の事務所の近くには電気屋がありましたので、仕事を終えたのち、フラッと寄ってみたのです。

ソフトは売っていたのですが、なぜかPSP本体が売り切れのようです。
PSP goは売っていましたが、ダウンロード版はなんかあまり好きじゃありません。
PSPってそんな売れてるんですかね…?
モンハン効果ですか。
私はやっていません。

やっぱ半年後かーと思っていたのですが、今の時代、通販があるじゃないですか。
PSPやソフトなんて、どこで買っても同じですので、通販で購入することにしました。

…が、通販もどうやら在庫希少のようです。
自分へのクリスマスプレゼントという名目で購入するにはしましたが、何が起きてるんでしょう…。

ま、気にせず冬休みはThe 3rd Birthdayでヒャッホゥ!(゚∀゚)ですね。



さ、寂しくなんかないんだからねっ!?///




さて、明日も仕事ですし、寝ますか…。

2010年12月22日水曜日

些事

本当なら本日もPC事例の日ですが、お仕事に追われてネタを用意できませんでしたので、雑事をば。




そうそう、本日はSQUARE ENIXのParasite Eve III改めThe 3rd Birthdayの発売日なんですよね。

思い出すこと数年前、友人宅にあったParasite Eveを何気なく手に取ってやってみたらハマってしまいまして(以下略
というわけで、下村つながりd(ry

でも、まだ買ってません。
といいますか、忙しくて買えませんでした。
予約もしてませんし…って、まぁ、普通に買えたかもしれないんですけど、疲れて店に寄る気にもならなかったというか…(-ω-;)

もっと言うと、PSP持ってません
抱き合わせ販売はありませんので、セットで買わなきゃかー、と若干「そこまでして?」感もあります。

どうせ今買ってもやる時間はありませんので、仕事が落ち着いたら&やることがなくなったら買おうかな、と。
半年くらい先の話になりそうですw

でも、サントラはほしい。
下村は外せません。




ゲームつながりで、思い出しました。
ちょうど去年の今頃かもうちょっと前くらいに、PS3新型とFF 13を抱き合わせで買ったんですよね。
「今年の冬休みはFF 13三昧だ!(゚∀゚)」とヒャッホゥしてたのを思い出します。

まぁ、冬休みを終えて、仕事が始まりだしたころにクリアしたんですが、正直買う意味なかったなぁ…とも。
この辺は、往年のFFシリーズ好きとしてのこだわりですね。
ネトゲはやりませんけど。

でも、なんだかんだでバトルのシステムは好きでした。
久しぶりにゲーム中、何度か全滅しましたしね。
オーディンが倒せない!」とかいうのはありませんでしたが、イイ感じに難しくて楽しかったです。

ちなみに、ラスボスは倒してクリア後も多少やったのですが、全部のミッションは終えてません。
FF 12でも、まだ未クリアの洞窟とかあったんですが、そこの敵が鬼畜すぎて、先にラスボスを倒してしまったら、「もういいや(´Д`)y-~~~」って感じになってしまいましたので。




ネトゲで思い出しましたが、FF 14はヒドいようですね。
CPUよりとにかくビデオカード重視(ベンチマークテストの傾向)のようですが、必要要件も然ることながら、過疎もひどいようですし、アップデートしたらPCクラッシュ続出とか。
どうなるんだスクエニ…。




なんかゲームの話ばかりになってしまいましたw
私もそういう世代の男の子の例外ではない、ということで。


来年明け早々にSandy Bridgeも発売されますので、そちらも注目です!
私は、もうしばらくLynnfieldでいこうと思います。
正直、クアッドコアにSATA 6Gb/sとSSDのコンボ、8GBメモリがあれば、たいていのことではビクともしませんよハハハ(´∀`)y-~~~

2010年12月20日月曜日

PC事例…ではありません。

本日は比較的早めに帰宅できたのですが、PC事例ネタを用意し忘れておりました;
忙しくて用意する時間がなかったというのもありますが
これも仕事の一環、忙しさのせいにしてはいけませんね。



というわけで、月曜日なのに雑記をば。



先週のことですが、月曜日(ちょうど一週間前ですね)に静岡に行ってきました!





























ち、違! 違うんだ!!


画像は、一緒に行った営業部主任Nから拝借しました。
俺はもう3回目なので、興味ありません。
3回目とか関係なく興味ないですけど。

どうでもいいですけど、意外と東静岡駅から離れてるんですね。
写真を撮っていた営業部主任Nも、憤慨していました。



先週の月曜日、Microsoftのセミナーがグランシップで行われ、それに参加してきました。
Microsoftが提供するクラウドに関しての製品・技術情報のカンファレンスです。
詳細は控え…る必要もないと思いますが、一言で表すなら、


我がMicrosoftの製品はァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ



って感じです。
いえ、決してけなしてるわけではなく




先週の金曜日は、お客様との打ち合わせで山口まで出張してきました。
お客様には、貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。
滞在時間は2-3時間程度で、日帰りですw


先週は他にも忘年会やら仕入先さんのご来社やらで、イベント満載でしたねー。
通常業務もてんこ盛りですが、こういった機会を随時設け、皆様のお役に立てるよう、日々勉強させていただいております。
今後もどうぞよしなに。

2010年12月16日木曜日

GALAXY Sをめぐる闘い 6

アレ?前回の更新も木曜日だったような…(・ω・)
なぜかここのところ、木曜日だけは比較的マトモな時間に帰れているようです。
意図的ではないから不思議。

では、木曜日なので、いつものお役立つかもしれないGALAXY Sネタですね。


そうそう、休載の連絡は今月頭を最後にやめてしまいましたが、やはりお仕事満載のため投稿できない日があります。
普通に投稿がなかった平日は「あぁ、忙しいんだな(´ー`)」と察してください。
イヤ、mjd。

ただ、本来であればこのブログでは弊社のPC事例を投稿すべきなので、こんなGALAXY Sだとかのどうでもいいネタばかり投稿するのは楽しくてしょうがないぜイヤーハー(゚∀゚ 三 ゚∀゚)心苦しいことこの上ございません。
いずれまた、PC事例を投稿できる日もくると思いますので、気長にお待ちください。




さて、まずは前回の訂正から。

しかし、Android上のGMailアプリでは「送信元」の選択ができません。
AndroidのGMailアプリは、あくまで"hoge@gmail.com"アカウントからの送信しかできません。

これ、まったくのウソでした。
Android上のGMailアプリの右上に"hoge@gmail.com"というアカウント名が表示され、そのアドレスを変更できなかったために、上のように思い込んでしまっていました。

実際使ってみたところ、メールの新規作成でも、返信でも、送信元を選択できました
※GMailに登録してある送信元のメールアドレスなら選択できる、ということです。

つまり、前回のように、ブラウザから云々、という必要は全くありません
「通常のメールアプリで私が使いたいアドレスから送信する場合、ドコモ回線だと受け付けてくれない、Wi-FiならOK」という問題も、GMailの送信サーバを経由すればいけるので、全く問題ありません。
灯台下暗しというか、何の心配もいりませんでしたね…。
「できないよ!」という方は、GMailアプリをアップデートしてみてください。
もしかしたら、バージョンが低いとできないのかもしれませんので…。

というわけで、メールの件は解決しました!




有名な日本語入力システム「ATOK」。
Windowsユーザーの中は、「IMEがアホすぎて使えん!」ということで、ATOKを使われているかたも多いですね。
コレ、Android版もありまして、フリック入力で話題を集めています。
auのIS03ではこれがインストールできない(Androidマーケットに出てこない)らしいのですが、GALAXY Sでしたら使えます。

私はATOKユーザーではないのですが、試しにインストールしてみました。
注意していただきたいのが、ATOKをインストールしたら、他のアプリ同様、ATOKのアイコンをタッチすると立ち上がる、というものではないということ。
ATOKのアイコンをタッチすると、入力の設定画面になります。
ATOKを使うには、以下の手順を踏みます。

  1. GALAXY S(Android)の設定メニューを開く
  2. 「言語と文字入力」でATOKにチェックを入れる
  3. 「入力方法を選択」でATOKを選択する

これで、文字入力の画面でATOKキーボード(?)が出てくるようになります。
フリックは、キーを長押しすると枝文字(?)が表示されるので、表示された文字のところで指を持っていって離せば入力されます。
同じボタンをタッチするたび「あ」→「い」→「う」→…というように変更されるので、今までの携帯電話同様のような使い方もできます。
見た目は今までの携帯電話ライクですが、GALAXY S標準のSamsung日本語キーボードと同じようなキーボード画面にも変更できます。

で、使ってみた感じ、正直使い辛い。特にフリック入力。
1文字入力するのにどんだけ時間かかるんだと。

ただ、そこは天下のATOK、変換精度や学習能力は非常に高い…らしいです。
いやー、GALAXY S標準のSamsung日本語キーボードもそんなに悪いとは思いませんけどね?


ご興味ある方はどうぞー。




先日、アンロック版のSkypeをご紹介しましたが、連絡先の同期がうまくいかない、やはり正式版を待つしかない、という話をしました。
auのIS03は標準でSkypeを使えるということで、ドコモは一歩遅れていると言わざるを得ない、という判断を私は下しています。


しかし!


できたのです。
GALAXY Sでも、正常に動作するSkypeがあったのです!

※オフィシャルではありませんので、以下は自己責任にてお願いいたします。

http://www.mediafire.com/?ff6jy8364mr3ai3

PCでDLしてからGALAXY Sにデータを移行しても良いのですが、GALAXY S自体でアクセスしてDLし、手動でインストールを行えば、それだけでSkypeが使えます。
※GALAXY S(Android)の設定メニューにある「アプリケーション」で「提供元不明のアプリ」のチェックを外さないと、インストールできません

これは、連絡先の同期もエラーなく動作しました。
私は仕事用とプライベート用とでSkypeアカウントを2つ持っているのですが、その両方をGALAXY Sの連絡帳に同期し、リンク付けすることができました。
元々Skypeで通話することはあまりありませんが、通話機能(音やレイテンシ)も問題というか、気になるレベルではありませんでした。
当然日本語表示も問題ありませんし、チャットも見た目がわかりやすくて好きですw

アンロック版は、Skypeを動作させると本体がかなり熱くなりました。
CPU使用率はそんなに高くなかったのですが、ホントか…?と疑うくらい、結構ムリさせてる感じがしました。
動作もモッサリしてましたしね。

しかし、このSkypeは動作も快適で、本体もほとんど熱を持たないので、快適に使えます。
ただ、ドコモ回線だと、サインインに若干時間がかかりますね。
Wi-Fiのほうが数段早かったです。
どうにも、メールといいVPNといいSkypeといい、ドコモ回線でネット関係をやるのはいろいろと制限がありますね…。


ひとまず、Skypeも使えるようになって、便利になりました!

【2011/5/24追記】正式版出てますー。




どうでもいいですけど、電池もたないですよねwww
出張先ではビジネスツールとしても暇つぶしとしても役に立つのですが、節約しながら使っても、帰る頃には電池が切れかかってしまいます;
スマートフォン共通の悩みなんでしょうが、今後の課題ですねぇ。


待ち受け…というか、テーマに"Shake Them All!"を使っているので、普段から電池を余計に消耗しているせい、というのもあるんですがががwwww

2010年12月9日木曜日

GALAXY Sをめぐる闘い 5

今日は久しぶりにマトモな時間に帰宅できました!
休載の連絡はしていましたが、なんか本当に久しぶりの更新な気がしますw


今日は木曜日ですねー。
木曜日は役に立つかもしれないネタですねー。
一昨日の仕事が午前様だったので、昨日辺りから時間感覚がおかしくて、日中は、昨日が木曜、今日は金曜のような感覚でしたw


まァそんな話はさて置き、またもスマートフォンネタです。




スマートフォンの醍醐味(?)の一つとして、携帯電話特有のメールだけでなく、普通のPC用メールアドレスやwebメールも使えるという機能があります。


AndroidなのでGMailアカウントを持っていれば、それを登録しておけばGMailアプリで同期することができます。
これはもう、全く問題なし。


では、GMailに登録した別アドレスの受信・送信は?

受信は問題ありません。
しかし、Android上のGMailアプリでは「送信元」の選択ができません。
AndroidのGMailアプリは、あくまで"hoge@gmail.com"アカウントからの送信しかできません。

【2011/5/24訂正】 できましたw

そのため、例えば"hoge@tegara.com"のような、独自のメールアドレスでGoogleアカウントを作って、それを「Googleアカウントとして」GALAXY Sに登録してあったとしても、それは有効なGMailアカウントとしては認識しないため、このメールアドレスをAndroidのGMailアプリの送信元には設定できません。
※独自のメールアドレスでGoogleアカウントを取得していれば、GMailアカウントを別途作成できますので、そのGMailアカウントをGALAXY SのGMailアプリに登録することはできます。…ややこしいですねwww


一つの方法としては、「K-9 Mail」等、GMailを同期しつつ別のメールアドレスも使えて一元管理、しかも日本語版は絵文字まで使えちゃう!(らしい)というアプリを導入すること。
※日本語版はAndroidマーケットではなく、上のリンク(Googleグループ)からDLして手動でインストールする必要があります。

しかし、これはGMailは同期ができても、別のメールアドレスにとっては単なるローカルメールアプリなわけで、メールファイルをダウンロードしているだけです。
例えばGMailに別アドレスをすでに登録してあり、そこで受信をしてしまっている場合、このアプリを使って別メールアドレスのアカウントを追加すると、アプリが受信するメールと、GMailが受信した分とで、ダブってしまうわけです。
要するに、厳密な意味での「GMail一元管理」ができないわけですね。
…まぁ、「どうせGALAXY Sで見れるなら、GMailで受信しなければいいんじゃない?GMail側の受信アカウントを削除しちゃえばいいんだよ」というのも正論なんですが、…。

…それぞれ、人には事情ってものがあるんだよ!


まぁ、言っちゃうと、私が使いたいメールアドレスに関して、ドコモ回線からだとSMTPサーバが送信を受け付けてくれない仕様になってるようなんですよね;
Wi-Fi環境下なら受け付けてくれるようですが、Wi-Fiをどこでも使えるなら苦労しません
※これ、どうにもDocomoの3G回線の仕様のようです。auは問題なかったようなので…。
 そして、私が使いたいメールアドレスのSMTPサーバは、GMailのサーバ経由ならいけるようです。不思議…。


では、web上のGMailには送信元として別アドレスを登録してあるのだから、GALAXY SのGMailアプリを使わずに、GALAXY Sのブラウザを開いてGMailにアクセスすれば送信元を選択できるのでは?

一応できます。


できます…が、使いづらいwww
送信先はいちいち手入力しなければいけません。
GMailの連絡先に登録してあるアドレスから候補を表示するという便利機能は働きませんし、当然携帯電話内の連絡先との連携機能なんか皆無です
ただし、表示形式をモバイルにしていると、GMailに登録されている連絡先のうち、「よく連絡を取る人」に登録されているアドレスは指定することができます。
また、宛先に関して、連絡先を検索することはできます。
ただし、ニックネーム等に指定した内容までは、検索されません。
微妙に不便;

また、メール新規作成時に送信元のアドレスを選択できるわけではないので、GMailで設定されている「送信元のデフォルトになっているメールアドレス」から送信されるだけです。
もっと言うと、GMailで設定した署名も出てきませんw

表示形式をPCにすれば解決するんじゃ!?
と思いましたが、どういうことでしょう、やはり宛先は選択できません
やはりデフォルトに設定したメールアドレスから送信されるようですw
ただし、デフォルトのメールアドレスを変更することはできます。

まぁ、これは標準のブラウザでの動きなので、他のブラウザなら…と思いましたが、まぁ原理的に考えて、似たようなものでしょうw
Opera Miniでは、メール新規作成時に送信元を選択できましたが、やはり宛先は手入力で、署名も出てきませんでした。


…とりあえず、私の場合は、使いたいメールアドレスをGMailの送信アドレスのデフォルトに設定して、ブラウザでGMailにアクセスして送信することにしましたw
これで、一応GMail上で一元管理できますからねw
微妙に使い勝手悪いですが…。



まだまだAndroidスマートフォンとの闘いは続きそうですw

2010年12月6日月曜日

産業PCおてがら屋 生情報ブログ 休載のお知らせ 8

産業PCおてがら屋 生情報ブログ(2010年12月6日投稿号)は、通常業務の過多によりお休みさせていただきます。



ホントに12月がこれで埋まる気がしてきましたので、次回からはもういいですね。
わざわざ休載の連絡なんかせんでも。


今日なんか、しゃべくり007見逃してしまって、帰って風呂入ったら寝るしかないような時間です。
帰れるだけマシなのかもしれませんが;



それはさて置き。
第30回日本看護科学学会学術集会にご来場、弊社ブースにお立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました!
もともと「MAXQDA」にご興味があった方が多かったと伺っておりますが、その他にも海外製品にご興味のある方なども足を運んでくださいました。
今回の出展で「MAXQDA」を知った方も、そうでない方も、これを機にお客様の業務の効率化に役立つ海外製品をお取り寄せしますので、是非是非弊社ユニポス事業部へお問い合わせください!

2010年12月3日金曜日

産業PCおてがら屋 生情報ブログ 休載のお知らせ 7

産業PCおてがら屋 生情報ブログ(2010年12月3日投稿号)は、通常業務の過多によりお休みさせていただきます。



なんか、mjd12月の投稿は全てこれで埋まる予感がしてきましたw

少なくとも、来週まではこんな感じになる自信があります。(ぉ
今月の残業代はすごいぞー。




昨日告知させていただきました、第30回日本看護科学学会学術集会。
弊社ブースにお立ち寄りいただきました方には、誠にありがとうございました。
明日も出展しておりますので、ご来場される方は、是非是非弊社ブースまでお越しください!
「MAXQDA」動作デモ、操作体験だけでなく、「MAXQDA」のデモ版もご提供させていただいておりますが、数に限りがございますので、お早めに!

詳細はコチラ

2010年12月2日木曜日

産業PCおてがら屋 生情報ブログ 休載のお知らせ 6

産業PCおてがら屋 生情報ブログ(2010年12月2日投稿号)は、通常業務の過多によりお休みさせていただきます。



なんか、12月の投稿は全てこれで埋まるような気がしてならないです;

これは由々しき事態。
中小企業では、仕事がデキる人に仕事が集まると言われますしねー。



3日連続で何のネタも提供しないのはアレなので、ひとまず告知をば。


弊社の海外製品調達部門、ユニポス事業部が、12月3日より札幌コンベンションセンターで開催される第30回日本看護科学学会学術集会の企業展示へ出展いたします。
展示内容のメインは、ドイツ発の質的データ分析支援ソフトウェア「MAXQDA」です。
明日からということで急な告知ですが、ご来場される方は是非是非弊社ブースまでお立ち寄りください!

詳細はコチラ

2010年12月1日水曜日

産業PCおてがら屋 生情報ブログ 休載のお知らせ 5

産業PCおてがら屋 生情報ブログ(2010年12月1日投稿号)は、通常業務の過多によりお休みさせていただきます。



月末の次の日なんですよ…(;-ω-)



…って、何。




イヤ別に決してPC事例のネタがないわけではなく、冒頭の通りです。
こういう形で休載するのは今回でもう5回目なわけですが、1年経つまでにどれくらい休むんでしょうねぇ。
どうにも、今週・来週は忙しそうです。

どうにも。

2010年11月30日火曜日

産業PCおてがら屋 生情報ブログ 休載のお知らせ 4

産業PCおてがら屋 生情報ブログ(2010年11月30日投稿号)は、通常業務の過多によりお休みさせていただきます。



月末なんですよ…(;-ω-)
…って、今まで何度も月末を迎えてきましたが、今月からは特別と言いますか、年末進行もありますので。

ホントはネタもあったんですけどねー。
書いてると日付が変更されて、私の貴重な睡眠時間がなくなってしまいそうなので、泣く泣く休載の決断をいたしました。



俺たちの闘いはこれからだ!

伊藤先生の次回作にご期待ください。








って、休めたらいいんですけどね。

2010年11月29日月曜日

CentOS 事例5

本日は新人Gの歓迎会だったのですが、こんなことが本当に起きてしまいました。

実際には、


スタッフ「まずい!このままでは予約に遅れてしまう!みんな急げ!!」

スタッフ「(゜д゜;三;゜д゜)ワタワタ」

スタッフ「よし、みんな事務所から出てスタンバイOKだな!?さぁ行くぞー!(`∀´)ノ」


一方その頃


伊藤「よし、裏の戸締りOK、…あれ、なんかディスプレイとかPCとかつけっぱなしじゃんか…まったく、慌ててるからって、こういうとこはしっかりしなきゃね!」

慌てず、冷静に。
伊藤はつけっぱなしのディスプレイやPCを一つずつ消していきました。

伊藤「タイムカードも押して、さぁ俺も出るか。 …ん?」

ガチャガチャ


伊藤「じ、事務所の扉が開かない!施錠されている!



しかしそこは当然事務所内、鍵は当然簡単に開けられます。
しかし、弊社は扉の鍵だけでなく、チェーンロックを外側(屋外側)からかけております

伊藤「チェーンロックが外れない!外せない!


そのタイミングを見計らってか、スタッフの車が私の目の前で出発していきます

伊藤「マジかよ!ぉおーい!まだ俺は事務所の中だ!」


ドンドンドン
ガチャガチャガチャ


ブロロロロロr(ry



伊藤「…。いいモン…。(;ω;)」



ひとりチェーンロック解除に奮闘し、やっと外に出れたと思ったら、駐車場がロープで閉鎖されていたという泣きっ面に蜂具合。


今日も弊社は平和です。



【要望】


ルーター(ゲートウェイ)PC


【弊社が提案したPCの構成】

OSCentOS 5.5 32bit 日本語
チップセットIntel ICH9R Mini-ITX FCBGA559
CPUIntel Atom D510 1.66GHz/1MB 2C/4T 13W
メモリ1GB DDR2-800 PC2-6400
SSD40GB S-ATA MLC 2.5"
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x4 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x4) x1
筐体Mini-ITXケース 160W
外形寸法幅112x高さ264x奥行230(mm)
その他
備考ルーター及びSSH設定


※導入箇所及び設定内容の詳細に関しましては、セキュリティと個人情報保護のため秘匿とさせていただきます。

今回の目的は、導入箇所の利用IPを減らすためのローカルネットワーク構築です。
お客様が現在お使いいただいているアクセス方法を崩さず、プライベートネットワークを構築するため、今回のPCを導入いたしました。
弊社ではPC単体の導入だけでなく、ネットワーク構築も含めてご提案させていただいております。
PCは、そのための道具にすぎませんね。
セキュリティの度合いは導入箇所ごとに異なりますので、お客様のご要望に合わせて最適なソリューションを導入させていただいております。

今までご紹介してきたPC事例もそうですが、弊社では無駄な仕様のPCの導入やご提案はいたしません。
お客様のご要望を満たすための最適なPCやシステムの仕様を検討し、都度PC設計を行っております(TEGSTARシリーズを除く)。
そのため一品一様となりますが、まさに「お客様のためのPC」をご提案できるよう尽力する日々です。


今回のPCでは、処理能力をほとんど必要としないため、省電力且つ省スペース且つコスト削減のため、Atom機をご提案させていただきました。
CentOSの最新版であればICH10でも動作することが確認できていますので、RAIDを使わないICH9であれば、全く問題なく動作いたします。

Linuxを搭載する時の注意点は、「ストレージが何のチップに乗っているのか」が一つのポイントですね。
新しいチップでは、Linuxがドライバを持っていないために、HDDや光学ドライブを認識できず、インストールできないということもあります。
そういった場合にはS-ATAのモードをAHCIにするか、逆にGeneric IDEドライバを組み込めばほぼ解決できます。

これまでいくつもLinux PCの事例をご紹介してきましたが、こういった「どういうPCならLinuxが搭載できるのか」というノウハウもございますので、是非ご相談ください!



気になる方は、是非是非コチラへ。


←今回の事例で使用したMini-ITXケースです。

Mini-ITXケースはいろいろなメーカーがいろいろと出していますが、その選定もお客様のご要望に合わせて行っております。
逆にご指定もできますので、まずはご相談ください!

2010年11月26日金曜日

研究・開発PC 事例1

先日購入したアメリカンコーヒー、結局通販で2箱(48本)買ったのですが、そろそろ尽きそうです。
いやー、うまい、うまかった



さすがにそろそろ飽きてきました


でも、また追加で2箱買おうとしてる俺がいる…。




【要望】


OS:Windows XP Pro

CPU:Core2 Duo 3.16GHz程度
RAM:4GB
HDD:SCSI or SAS 73GB以上

DVD-ROM

VGA:特にこだわりなし

PS/2ポート x2、COMポート x1必須
PCI x3


【弊社が提案したPCの構成】

OSMicrosoft Windows XP Professional SP3 日本語
チップセットIntel G33+ICH9 ATX LGA775
CPUIntel Core2 Duo E8500 3.16GHz/6MB FSB1333 65W
メモリ合計4GB DDR2-800 PC2-6400 2GB x2
HDD146GB SAS 15000rpm 3.5"
FDD内蔵FDドライブ
光学ドライブDVD-ROMドライブ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
サウンド内蔵サウンド機能
ネットワーク10/100/1000Base-T x1
外部I/FUSB 2.0 x8 / シリアルポート x1 / パラレルポート x1 /
PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x16) x1 / PCI-E(x4) x1 / PCI-E(x1) x1 / PCI x4
筐体ミドルタワー 420W 永久保証電源
外形寸法幅198x高さ420x奥行450(mm)
その他SASカード Adaptec ASR-1405 PCI-E(x4)
5"ベイHDDクーラー
備考パーティション指定



研究・開発用として某企業様へリピートで導入しているPCの最新事例です。
リピートと言っても、1年に数台のため、ほぼ毎回仕様変更が入りますが、必要とするスペックに則った仕様でご案内させていただいております。

SAS HDDに関しては、今までの事例でも何度かご紹介させていただいておりますが、最近でこそSASが珍しくなくなったものの、この事例のPCもSASを導入したのはここ2~3年のうちです。
それまではSCSI HDDを採用していましたが、サーバでもないミドルタワーのデスクトップPCに5"ベイのHDDクーラーを搭載し、そこへSCSI HDDを乗っけるというこだわりは、今でも変わりありません。
当時からSCSI HDDを採用していた理由は、その回転数(10000rpm/15000rpm)と転送速度に加え、もちろんニアラインストレージなので堅牢性・品質面を考慮されてのことです。

そうそう、SAS HDDは、SCSIの流れを組むタイプと、SATAの流れを組むタイプがあります。
Seagateの3.5” HDD場合、前者はSCSIの後継としてCheetahの名を冠し、現行モデルはCheetah NS 10K、Cheetah 15K.7になります。
後者はConstellation ESとして、SATAモデルのニアラインストレージと同クラスのコネクタ違いという認識になります。
容量や価格、堅牢性や回転速度等の違いがありますので、弊社ではご用途に合わせて案内させていただいております。


気になる方は、是非是非コチラへ。


←SASカードです。小さいですねー。

SFF-8087ポートに接続するケーブルは、その先を同じSFF-8087(内部mini-SASポート)につなげたり、SATAファンアウトにしたり、SASファンアウトにしたりと、HDDバックプレーンや構成に合わせて変更可能です。

2010年11月25日木曜日

RAMDISK導入のススメ

本日はIntelのテクニカル・ソリューション・トレーニングのため、東京に出張してきました!
それについてはまた後日ー(なら書くな




唐突な話ですが、RAMDISKを導入してみました。

いやー、SSD搭載してOSやアプリがサクサク動くようになったといっても、反面、SSD上にTEMPやページングファイル(仮想メモリ)を置くわけにはいかないので、仮想メモリは完全にOFFにしていたんですよね。
HDDにページングファイルを置くのは趣味じゃありませんので。

そうなると、iTunesで音楽垂れ流しつつブラウザで調べものしながら仮想PCで検証…なんてことをしてると、メモリ使用量なんか、すぐに3GBをオーバーしてしまいます。
もっと言うと、DAWで生音系プラグインをいくつか立ち上げたら、それだけで3GBなんてすぐ消費してしまいます。
何度「メモリが不足しています。プログラムを終了してください。」ってメッセージに悩まされたことか。
iTunesで音楽垂れ流しつつブラウザで調べものしながら仮想PCで検証中って時に、間違えてDAWのファイルを開いてしまおうものなら、スワップを用意していないせいで、一気に画面が真っ暗ですよw


というわけで、RAMDISKを活用することにしたのです。
いくらx86互換があるといっても、やはり64bitではプログラムの関係でNGになることもありますので、そういう意味では、RAMDISKは32bit OSの救世主とも言えるかもしれません。



64bitは4GB以上のメモリを普通にメモリ容量として使うことができますが、32bitでは3GB程度しかメモリ容量を認識できず、4GB搭載しても、数百MB~1GB程度損をすることになります。
そこで、認識していない部分のメモリ容量を、OS上でHDDのように認識させることにより、有効活用するというのがRAMDISKです。
詳しくはコチラ



RMADISK自体は今に始まったものではなく、昔からある技術ですが、コスト的にも方法的にも、非常に導入が楽になりました。
しかも、プログラムが重さを増すこのご時世、ハードのスペックも底上げされてきていますが、プログラムの特性を理解すると、ボトルネックになってきているのが、ストレージであるのが一目瞭然です。
つまり、SSDやRAMDISK導入に対するコストパフォーマンスの良さも理解できるというもの。

というわけで、私の家のPCは32bit OSですが、2GBメモリも安くなったモンですので、4GB増やして、8GB搭載してみました。
当然OSのメモリ認識量は3.5GB程度のまま変わらないのですが、残りの4.5GBをRAMDISK化し、Internet ExplorerのキャッシュやOSのTEMPをRAMDISK上に置き、更に余った分はまとめて仮想メモリに割り当てました。

32bit OSで、物理メモリ(認識量)は3.5GB、仮想メモリは4GBで合計7.5GB。
仮想メモリは別に珍しくもなんともありませんが、それがRAMDISK上にあることにより、HDDに置いたページングファイル(スワップ)なんかとは比べ物にならないほどのパフォーマンスを見せてくれます。
OSやRAMDISKの構造上、実際のメモリと同じパフォーマンスを得られるわけではありませんが、気にならないくらい速い!

特に、Internet Explorerのキャッシュを置いたのは効果が大きいですね。
IEは、プログラム自体が多少軽いと言っても、ページ表示が決して早いワケではありませんので、キャッシュをRAMDISK上に置くことにより、かなりパフォーマンスが向上します。
家では使っていないので試したわけではありませんが、Firefoxもかなりパフォーマンスを上げることが予想されます。

逆に、ChromeはキャッシュをRAMDISK上に置かなくても十分に早いので、そのままですw
それに、Chromeはキャッシュフォルダの変更方法が面倒そうですs…いや、この方法は簡単だ!
すでにタスクバーにショートカットを作ってしまったとしても、元からあるショートカットを削除して、キャッシュのオプションを加えて作成したショートカットを、改めてタスクバーに配置すれば問題なし。
HDDにキャッシュがあった時と、RAMDISK上にキャッシュを置いた場合とを比べたところ、新しいページを開く時の一瞬のもっさり感が解消されました!
やっぱ効果あるんですねー。


…とうでもいいですけど、CPU的なスペックは会社のPCと同じなので、SATA 6Gb/s SSDとRAMDISKを導入することにより、会社のPCよりも相当快適になっているのが実感できますw
会社のPCも、十分なスペックなんですけどね?



というわけで、以下は参考。
例によって、自己責任ですので弊社では一切責任を負いません。

Gavotte Ramdisk まとめWIKI

2010年11月24日水曜日

シンクライアントサーバ 事例1

肌が乾燥する時期に突入してきました。

独り暮らしするようになってからというもの、食生活が乱れてしまったせいか、この時期になると肌がカサカサするようになり、痒くなってしまうこともしばしばあります。
風呂から出たら保湿クリームを塗るのが日課になってしまいましたが、そういう時に、ふと、「食生活の乱れっていうか、年のせいかナァ…(;´Д`)」とも思ってしまいます。

特に、ヒートテックを着用すると、乾燥肌がさらに促進してしまうという経験を昨年しておりますので、皆さんもご注意を。
保湿クリームも良いですが、基本は食生活です、ハイ。

あ、中には乾燥肌にならないヒートテックもどきもあるという噂を聞いたことがありますので、そういった情報がありましたら、是非ともご教授くださいませ。



に負けるな!




【要望】


用途:シンクライアント環境の導入

条件:サーバの冗長化と負荷分散設定


【弊社が提案したPCの構成】

OSMicrosoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition 日本語
チップセットIntel i5520+ICH10R ATX LGA1366
CPUIntel Xeon X5650 2.66GHz(TB 3.06GHz)/12MB
QPI=6.4GT/s 6C/12T 95W x2(計12C/24T)
メモリ合計144GB DDR3-1333 PC3-10600
ECC Registered 8GB x18
HDD500GB S-ATA 7200rpm 3.5" x2(RAID 1:500GB)
500GB S-ATA 7200rpm 3.5" x4(RAID 10:1TB)
※いずれもニアラインストレージ
FDD外付け USB FDドライブ
光学ドライブDVD-ROMドライブ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x4 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x8) x2 / PCI-E(x4) x1 / PCI-X x3
筐体2Uラックマウントシャーシ 720W リダンダント電源
外形寸法幅437x高さ89x奥行648(mm)
その他Adaptec RAID 5805 PCI-E(x8)
備考



先日のCUDA事例が、弊社における過去最高のPC単価事例だったのですが、それをたったの数か月で塗り替えてしまった事例です。

のっけからお金のハナシというのもアレですが、今期は弊社のPC単価の最高記録が2回も塗り替えられたということでウッハウハです、これもひとえにお客様のおかげです。ありがたや、ありがたや(-人-)
ちなみに、それまでの記録は、私の記憶が確かなら、4年ほど前に導入したWoodcrestかClovertownのサーバーだったと思います。
「システム一式」や「ソフトや周辺機器、サポート費用等込」としてでしたら他にも事例があるのですが、あくまで「PC単体の価格」として、ですね。


もちろん、今回価格の引き上げの要因になったのはメモリです。
144GBてwww
お話をいただいた当初はメモリのご要望が256GBでしたので、MP Xeon(Nehalem-EX)で検討していたのですが、さすがに予算オーバーでしたw
MP(Multi Processor) Xeon事例は、たまに引き合いこそいただくものの、コストやパフォーマンスの面で中々導入にまで届かないのが現実ですね…。
※256GBのメモリを搭載するには、DP Xeonでは対応できません。4CPUが必要になります。

今回のシステムは結局DP Xeonでしたが、仕様的に192GBまでメモリを搭載することができます。
※18スロットなのに192GBということは、全てのスロットで16GBモジュールを搭載できるわけではありません。
 16GBモジュール*12スロット(CPU 1個につき6スロット)+8GB*6スロット(CPU 1個につき残りの3スロット)=192GB という計算になります。

現段階ではまだ16GBモジュールのメモリの流通量が少なく、且つ価格も高く、速度も落ち、実績がほぼありません。
今後現実的なところまで流通量・価格・仕様が落ち込んでくると思いますが、今回は8GBモジュールを全スロットで使用しております。
8GBモジュールも、発表当初はやはり価格が高かったですが、この1年間でかなり下がりましたね。
そういう意味では、16GBモジュールも、来年の今頃には比較的マトモな価格になっていると思います。
来年はSandy Bridge投入もありますので、それも市場価格引き下げと流通量の安定化に拍車をかけるのではないかと予想されます。


OSは当初Standard Editionのつもりでしたが、Windows Server 2008のエディションは、Standardだと32GBまでしか認識できません
それ以上のメモリを認識するには、Enterprise Editionが必要になります。
64bit OSだからと言って、4GB以上はいくらでもメモリを搭載できる、というわけではありませんのでご注意ください。
大容量メモリを搭載するのは昔からありましたが、最近は比較的現実的な価格で大容量メモリを搭載したPCを提供することができるようになり、ソフトウェア・ハードウェア共に「壁」をよく確認する必要があります。
参考:http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/prodinfo/compare.mspx


今回このPCを2台導入させていただき、シンクライアント端末からサーバへの接続に関しては、サーバの負荷状態に合わせて自動的に分散されるように設定しております。
負荷分散のやり方はいくつかあるのですが、導入先の環境や条件の関係で、結構ギリギリまで方法を決めることができませんでした;
もちろん、クライアント側からサーバは1台に見えており、何かしらのトラブルが発生して1台に接続できないような状態になっても、1台で継続して稼働するようになっていますし、それぞれのサーバも、HDDや電源、ネットワークは冗長化されております。

HDDに関しては今回RAID 10を採用しております。
どちらも2台までなら障害が発生しても稼働していられる耐障害性がありますが、RAID 6は「どの2台でも」障害が発生しても稼働できるのに対し、RAID 10は「ミラーリングを組んだ2台」に障害が発生した場合、稼働できなくなるというデメリットがあります。
と言っても、1台目が故障したあと、稼働できなくなる可能性は1/3の確率です。
反面、速度はRAID 0を採用しているRAID 10の方が早いです。
容量は、どちらも4台で構成した場合、2台分の合計なので同じですね。
ただし、これは4台で構成した場合ですので、台数が増えた場合、容量効率はRAID 6に軍配が上がります。
RAIDに何を求めるか次第ですが、全体としての容量はHDD単体の容量を上げれば済む問題ですし、HDD単価はそれほど大きくありません。
そういう意味では、RAIDにおける容量効率の優先順位はあまり高くなく、速度や耐障害性の総合評価としては、RAID 10が若干上のような印象ですね。


気になる方は、是非是非コチラへ。


←今回の事例で使用したシャーシです。

これだけ見ると別段普通のPCですが、中身はごっついですw

2010年11月22日月曜日

医療システム構成PC その5

アイデアマンこと営業スタッフKが、実家で取れたみかんを持ってきてくれました!
いやー、そういう時期なんですねー。

Kが入社して以来、毎年のようにこの時期になるとみかんを差し入れてくれており、私は毎日3-4個くらいいただいています
年末年始の休みには、仕事納めの日にまとめて持ち帰って、毎日みかん三昧です
ウッハウハですw



さぁ、今年は何回お腹を壊すことやら


※私がついつい食べ過ぎているだけで、味はピカイチです。




【要望】


とある医療カルテのインフラストラクチャに増設するためのPC


【弊社が提案したPCの構成】

OSMicrosoft Windows XP Professional
for Embedded Systems SP3 日本語
チップセットIntel i3210+ICH9R ATX LGA775
CPUIntel Xeon E3110 3.00GHz/6MB FSB1333 65W
メモリ合計2GB DDR2-800 PC2-6400
ECC Unbuffered 1GB x2
HDD500GB S-ATA 7200rpm 3.5" x1(System)
500GB S-ATA 7200rpm 3.5" x6(Data)
※いずれもニアラインストレージ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x2 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x8) x1 / PCI-X x2 / PCI x4
筐体2Uラックマウントシャーシ 650W
外形寸法幅426x高さ89x奥行650(mm)
その他追加NIC Intel PRO/1000 PT サーバアダプタ
8ポート SATAカード
備考搬入設置・設定
5年保証



先日の事例同様、この事例の一環ですね。
このPCは統合ストレージサーバとしての役割を与えていますので、この事例の別バージョンですね。
HDDの台数が若干少なくなっております。

このシャーシも2Uラックマウントですが、HDDの搭載可能台数が少ない分、5"ベイがありますので、普段だったらスリムしか搭載できない光学ドライブも、通常の5"光学ドライブを搭載することができます。
しかも、スリムドライブベイはスリムドライブベイで用意されておりますので、光学ドライブをスリムにした場合、別の5"ベイに収まる何かしらのサプライを搭載することもできます。
まぁ、今回の事例ではそもそも光学ドライブは不要ということで、搭載すらしていないんですがwww
別バージョンの事例では、そもそも光学ドライブを搭載することすらできませんので、こうなることは当然というか必然というか当たり前というかw
ちなみに、今回の事例では5"ベイにシステム用のHDDを搭載しております。
そういう使い方もできますよということで。


ちなみに、この仕様ではHDDが計7台になるので、8ポートSATAカードを加えていますが、光学ドライブなしで、HDDはリムーバブルの部分だけの6台であれば、オンボードのSATAポートだけでも事足りてしまいます。
ある意味無駄のない設計w

気になる方は、是非是非コチラへ。


←2Uラック、リムーバブルHDD6台搭載のシャーシです。

電源がリダンダントではなくシングルである点から、WSとサーバーの中間的な位置づけのシャーシという感じですね。
シャーシ単体の価格も前回のストレージの事例より安いので、何でも用途次第ということですね。

2010年11月19日金曜日

医療システム構成PC その4

タバコを再開して2か月弱、順調に体調が悪くなっています(;-ω-)

目を覚ましても寝足りないし、体は重いし、だるいし、肩凝るし…。
下手(?)に、タバコを吸っていなかった時の体調の感覚を知って(?)しまったがために、タバコの体への害を正に文字通り身を以て知る羽目になってしまったのです。

先日なんか、タバコのせいなのかよくわかりませんが、背中の左側の下側がなんか痛くなって、「あぁ、とうとうガンか…」なんて人生を諦め始めたものの、次の日には治っちゃったりしましたし。
テレビとか見てると、「ちょっと痛いけど気になるレベルじゃないし、放っておいたら治っちゃった。」っていうものほど危険!なんて不安を煽ったりしてるもんですから、私もまんまと「残りわずかの人生、何しようかな…(´Д`)」なんて思い始めてしまいます。
別に、何か特別なことをするはずもないのにね。


皆さんも、吸いすぎには…そこそこ注意しましょうw



【要望】
とある医療カルテのインフラストラクチャに増設するためのPC


【弊社が提案したPCの構成】

OSMicrosoft Windows Server 2003 R2 SP2
Standard Edition 32bit 日本語
チップセットIntel i3210+ICH9R ATX LGA775
CPUIntel Core2 Quad Q9650 3.00GHz/12MB FSB1333 95W
メモリ合計4GB DDR2-800 PC2-6400 2GB x2
HDD500GB S-ATA 7200rpm 3.5" x2
光学ドライブスリムDVD-ROMドライブ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x4 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x8) or PCI-X Universal Riser Slot x1 / PCI x1
筐体1Uラックマウントシャーシ 200W
外形寸法幅426x高さ43x奥行574(mm)
その他追加NIC Intel PRO/1000 PT サーバアダプタ
備考FTP / VNC Server / Telnet / NIC Teaming セットアップ他
5年保証



先日の事例同様、この事例の一環ですね。
このPCは統合サーバ、ゲートウェイとしての役割を与えております。

今回の事例ではOSがWindows Server 2003になっていますが、この事例以外では、ほとんどWindows XP Professionalで代用しております。
ストレージサーバもWindows XP Professionalですが、現在このゲートウェイも含め、全てCentOSにする構成を検討中です。

今回の事例では統合サーバとしての役割もあるため、4コアの仕様になっていますが、最近はゲートウェイとしての役割だけのPCを導入させていただいているため、そちらはスペックはロードバランサーと同程度とさせていただいております。
その事例の紹介はまた後日…と言いたいところですが、前述の「全てCentOSにする構成」に合わせ、ゲートウェイ、ロードバランサー、データベース、ストレージ、いずれも仕様を刷新する予定ですので、後日紹介するのは、新しい方にさせていただきますね。
まだご提供可能な仕様ですが、Core2 QuadシリーズもそろそろBOX版は終息傾向にありますので、Core iシリーズでの仕様をご案内させていただいた方が、ご参考になると思います。


気になる方は、是非是非コチラへ。


←3.5" HDDを2台搭載可能な1Uラックマウントシャーシです。

データベースも、このシャーシを使用しています。
1Uラックマウントシャーシは、最大4台まで3.5" HDDを搭載できるシャーシもありますし、2.5" HDDなら、最大10台まで搭載可能なシャーシもございます。

2010年11月18日木曜日

GALAXY Sをめぐる闘い 4

「そうだ、アドレス帳を整理しよう。」


先週の土曜日、思い立ってGALAXY Sのアドレス帳を整理しました。
PCを使い始めた学生時代に、一度PC側のアドレス帳を整理したことはありましたが、HDDがクラッシュしてデータが飛んでしまって以降、整理するのが面倒になって、やめましたw
せっかくのスマートフォンなので、一念発起して携帯電話の連絡先、その他諸々(Windows Live、GMail、Twitter等)の連絡先もまとめて整理しよう!ということなのです。

まず、GALAXY SはGoogleアカウントだけでなく、FacebookやTwitter、Exchange、mixi等のアカウントを同期させることができます。
※MSN Hotmail(Windows Live)アカウントもExchangeで同期できそうな気がしますが、まだ試していませんので悪しからず。
Facebookアカウントは持っていないのでよくわかりませんが、mixiは連絡先の同期データがありません。

で、恐らくすでに使われた方は気づいていると思いますが、前の携帯電話から移行した連絡先データ(docomoアカウント)は、グループ分けをすることができません
「全ての連絡先」というグループにひとまとめにされてしまいます。
携帯電話に入っていない、他のアカウントとの連絡先をまとめる上で、これは不便です。
ついでに言うと、前の携帯電話から移行した連絡先データはローカルのものなので、Googleアカウント等とは同期されていません。
本体を無くしたら終わりですw


というわけで、まずは前の携帯電話から移行した連絡先データ(docomoアカウント)をGoogleアカウントに移行します。

  1. 「アプリ」の「電話帳コピーツール」で、現在のデータをエクスポートします。
  2. エクスポートしたら、docomoアカウントの連絡先は削除してしまうのが良いと思います(というのも、エクスポートしたデータをGoogleアカウントに読み込ませてしまうと、自動的にGALAXY Sが同期を始め、元々あるDocomoアカウントとリンクしてしまうためです。まぁそのまま残しても良いのですが、後から消そうとすると、まずすべてのリンクを解除してから連絡先を消さないと、Googleにインポートしたデータまで消されてしまうためです)
  3. PCの任意の場所へエクスポートしたファイル(***.vcf)をコピーします(元のデータは、バックアップとしてそのままいじらずにとっておきます)
  4. コピーしたデータをメモ帳等のテキストエディタで開きます。
  5. 「SOUND;X-IRMC-N」という文字列を、「X-PHONETIC-LAST-NAME」に置換し、保存します(「SOUND;X-IRMC-N」という文字列は、元の携帯電話の機種によって微妙に違うこともあるようです。「SOUND;X-IRMC-N;CHARSET=SHIFT_JIS」も、「X-PHONETIC-LAST-NAME」に置換します)
  6. GMailにアクセスして、左側の「連絡先」→「連絡先をインポート」で内容変更したファイルを読み込ませると、Myコンタクトの中にすべて読み込まれます(GALAXY Sにも、自動同期で反映されます)
  7. あとは、グループ分けするなり内容を修正するなり(GALAXY Sの標準電話帳ではグループ分けができないので、GMail上でやるか「電話帳 contacts」アプリをインストールして使ってください)

ただし、GALAXY Sの電話帳に表示されるのは、「Myコンタクト」のラベルが張ってあるものだけです。
グループ分けのところには表示されますけどね。
なので、グループ分けをするにしても、Myコンタクトのラベルはそのまま貼っておいた方が便利だと思います。


というわけで、Gmail上で連絡先の整理ができるようになったんですが、見事にGoogleの罠にハマってるな、と。
Androidを使ってる時点で罠も何もありませんが、GMailは他のメールアドレスの管理も、いろんなアカウントの連絡先のインポートもできるので、互換性の面で抜きんでてしまってるんですよね。
ただ、クラウド上にデータを置くのはバックアップやアクセスの面で便利ですが、人的セキュリティの問題もありますので、よくご検討の上、お使いください。




auでも、GALAXY S同様iPhoneの形をパクったAndroid端末が近いうちに発売されますね。
auでは標準でskypeがインストールされているようで、これを使えば無料で電話ができます。
しかし、skype使ってる方はご存知でしょうが、電話番号への電話は有料です。
まぁ、それ以外にも「アプリによる通話」「ネット回線での通話」という不安定な面もあり、そのせいで緊急災害電話としては使用できないということもありますので、やはり使い分けは重要ですね。
それでもskypeを使えば、通話だけなくチャットも簡単にできますので、プライベートでも仕事でもskypeを使っている身としては、ぜひともAndroid端末でも使えるようにしたいところです。
SNSへの書き込みやつぶやきは簡単ですが、PCや端末との手軽な個人チャットは、意外とできないんですよね。
チャットアプリをインストールするなり、メールでやり取りするなりすればいいんですが、skypeに慣れてしまうと、webベースのチャットは不便ですし、メールなんて断続的すぎで不便です。


というわけで、調べてみました。
どうやらすでにAndroid用Skypeはすでに発表されているようですが、日本・中国を除かれているそうですwww

一応、日本語版にも対応しているUnlock版Skypeがあるようですが、これは自己責任ですね。
インストールしてみたところ、「ドコモ回線だとお金かかるから、Wi-Fi環境で使った方がいいですよー」的なメッセージが出ましたwww
なんというお心遣いw

また、Skypeアカウントを連絡先に同期させようとしたところ、エラーで強制終了されてしまいました。
あと、若干動作がもっさりしており、しかも数字上(CPUやメモリ)はあまり大したことないのですが、本体が結構熱を持つので、結構パワー使ってる感じがします。
音声通信は試していませんが、チャットも含め、その辺の基本動作問題なさそうな気がします。

正式版のリリース待ちが正当ですが、それまでは使えるかな?と思います。

【2011/5/24追記】
Unlock版はコチラ(自己責任で!)
正式版も出てますー。

2010年11月17日水曜日

医療システム構成PC その3

サポート担当T「昔の伊藤君の写真を見たら、スリムで驚いた。


Σ(Д)



お、お腹はそんなに!…でもないけど、顔が、頬がねー。
自分でも気づいていました。
でも、「冬は太る時期。人体の神秘。致し方ない、致し方ない(´∀`)」と言い訳をして、思考を放棄していたことも事実です。

そう、事実なんです。
冬は太る時期。
動かない割に腹は減るので、食べてしまいます。
この前も、お菓子作りでいくつかつまんでしまいましたしねー。あっはっはー。


こういうのを、ダメな大人って言うんでしょうねぇ…。




【要望】
とある医療カルテのインフラストラクチャに増設するためのPC


【弊社が提案したPCの構成】

OSCentOS 5.3 32bit 日本語
チップセットIntel i3210+ICH9R ATX LGA775
CPUIntel Xeon E3120 3.16GHz/6MB FSB1333 65W
メモリ合計2GB DDR2-800 PC2-6400 1GB x2
HDD500GB S-ATA 7200rpm 3.5"
光学ドライブスリムDVD-ROMドライブ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x4 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x8) or PCI-X Universal Riser Slot x1 / PCI x1
筐体1Uラックマウントシャーシ 200W
外形寸法幅426x高さ43x奥行356(mm)
その他追加NIC Intel PRO/1000 PT サーバアダプタ
備考FTP / VNC Server / Telnet / NIC Teaming セットアップ他
5年保証


先日の事例同様、この事例の一環ですね。
このPCはロードバランサーとしての役割を与えております。

ロードバランサーというのは、負荷分散装置のことでですね。
サーバの拡張も容易なため、運用・コストの面で非常に有用なシステムです。
wikiを読んでいたら、「ロードバランサは一部企業では『ディレクター(管理者)』とも呼ばれていた。」とあり、これは言いえて妙。
これまでの事例もそうですが、これらの役割が与えられたサーバは、それぞれ役割ごとに1台というわけではなく、1つの役割ごとに複数台で構成されたサーバ群で、データ・PCそのものが冗長化された構成になっています。
それらのサーバ群に対し、負荷分散の処理を行っているのが、今回の事例のPCということですね。
それほどスペックが必要というわけではありませんので、コストパフォーマンスの良い仕様でご提案させていただきました。


気になる方は、是非是非コチラへ。


←1Uラックマウントの、奥行き狭い版です。

かなり狭いので、中は結構ギュウギュウなのですが、それでも案外理路整然とケーブリングでき、エアフローも十分に考慮されたつくりになっております。

2010年11月16日火曜日

お菓子作りに挑戦しました。

先日、私の誕生日ケーキを作ってプレゼントしてくれたマーケティングスタッフFの誕生日が11/13ということで、お返しにお菓子を作ってプレゼントすることにしました。
自分の夕飯さえ面倒がって作らない私ですが、私以外の人のためならエンヤコラという。
いい主夫になれそうです



普段お菓子なんか作らない私のこと、何を作れば良いのかわかりません。
安易に便利なネット使ってリサーチしたところ、「これだァアッ!!」っていうお菓子のレシピに巡り合うことができました。

結果的にプレゼントしたのは、フォンダンショコラ(というらしい)とマドレーヌになりました。
フォンダンショコラは、焼き時間を短くすれば中からトロッとチョコが出てくるということで、「むしろ俺が食いてぇえええ」って感じでしたし、そもそも私はマドレーヌが大好きです


…よくさ、「相手の好みがよくわからなくて、何プレゼントすればいいのかわからない」っていう時、「自分がもらったら嬉しいもの」を選択するってこと、ありません?w
それが正しいかどうかはさておき、自分がもらって別に嬉しくないものを相手にあげるっていうのも、どうかと思うところはあるんですよね。
もちろん、相手がそれをほしがっているってわかっているなら話は別デスヨ?



とりあえず比較的簡単に作れるものを選んだんですが、滅多にお菓子を作らない私のこと、イッパツで上手に作れるかわかりません。
比較的何でもソツなくこなす私ですが、慣れないことは練習しないとね!☆
11/13は土曜でFは休みですので、11/12の金曜に渡すとして、その前の週末、時間のある時にやってみよう、ということになりました。

という感じで11/7に試作品を作ってみたのですが、やはり杞憂だったようで、イッパツでできました。
まぁ、分量を量るものがないので、砂糖は目分量なんですけどねwww

また、ココアパウダーを使って、いくつかはココア風味のマドレーヌにしようかと実験もしてみました。
…と言っても、恐らく味はほとんど付かず、せいぜい色を変えるくらいにしかならないだろうナァと思っていました。
しかし、それ以前に、混ぜるタイミングを逸してしまい、大失敗www

また、フォンダンショコラに関しては焼き時間をズラしてみたり、保存箇所(オーブン内、常温、冷蔵庫)を分けて、その後の経過を観察してみたり。
お菓子で実験て、楽しい!(゚∀。)

※決して食べ物を粗末にはせず、ちゃんとおいしくいただきましたので、悪しからず。


味は一緒だろうから、中でも見た目が良いものに関しては、翌日(11/8)営業部課長Tにプレゼントしました。
ネギのお返しとして
私以外の人のためならエンy(ry



という感じで、当然Fにあげたお菓子も砂糖は目分量ですが、それでも大丈夫!
愛情という名のうわ何をすr(ry


あと、ついでに11/7に誕生日だった、アイデアマンこと営業スタッフKにも、11/12に一緒に同じお菓子をプレゼントしました。



営業部課長Tにプレゼントした日(11/8)に、Kにプレゼントしろよという。

実験で作った方のフォンダンショコラです。

まぁ、甘ければいいんですよ!きっと!!

2010年11月15日月曜日

医療システム構成PC その2

髪が伸びてきています。
もう、首の後ろにもっさり乗るくらい。

弊社の本社は静岡県浜松市にあり、私もそこで仕事に従事しているわけですが、元々私は浜松で育ったわけではありません。
生まれは浜松ですが、育ちは静岡県の中部地方、社会人になって浜松にまた出てきた感じです。

一度、浜松で友人に勧められた美容院に行ったことがあるのですが、その出来がとてもヒドかったため、大学時代から通っていた地元の美容院に、今でも通い続けています。
と言っても、中々地元にも戻らないもの。
通常のペースであれば、1~2か月に1度くらいは地元に戻っていて、その際に髪を切っているのですが、ここのところ地元にあまり用事がなく、そのおかげで髪を切るタイミングを逸してしまっていました。
そのうち行かないとナァ…( ´Д`)y-~~~


で、また美容院の人と「久しぶりっスねー。何か月ぶりですか?」っていうやり取りをするに違いない。
ここ数年の挨拶です。



【要望】
とある医療カルテのインフラストラクチャに増設するためのPC


【弊社が提案したPCの構成】

OSCentOS 5.3 32bit 日本語
チップセットIntel i3210+ICH9R ATX LGA775
CPUIntel Core2 Quad Q9650 3.00GHz/12MB FSB1333 95W
メモリ合計4GB DDR2-800 PC2-6400 2GB x2
HDD300GB SAS 15000rpm 3.5"
光学ドライブスリムDVD-ROMドライブ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x4 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x8) or PCI-X Universal Riser Slot x1 / PCI x1
筐体1Uラックマウントシャーシ 260W
外形寸法幅426x高さ43x奥行356(mm)
その他追加NIC Intel PRO/1000 PT サーバアダプタ
備考FTP / VNC Server / Telnet / NIC Teaming セットアップ他
5年保証



先日の事例同様、この事例の一環ですね。
このPCはデータベースサーバとしての役割を与えております。

CentOSのバージョンが5.3なのは、このシステム導入を検討した当時のバージョンが5.3だったためです。
システムが5.3で安定動作しているため、現在でも仕様が大きく変わらないのであれば、動作実績のある仕様で導入するというのが世の常人の常。
ワークステーション用チップなので、デスクトップチップよりも長期に渡って供給できるため、しばらく…ここ2年ほど同じ(ような)仕様で導入させていただいております。
「同じ(ような)」というのは、データベースの場合、ご予算や導入箇所に応じてスペックを変更することもあるためです。
実際、この事例も、データベースサーバとして導入させていただいております。
こういう風に、仕様を変更することもある、ということですね。

通常でしたら、OSをインストールしたら、動作確認して終わりなのですが、やはりここでも追加セットアップを行っております。
繰り返しになりますが、この案件ではPC単体ではなく、ネットワークとPCそのものを冗長化した、複数のPCをまとめて「システム」として導入しております。
その後、このシステム上で動作するソフトウェアを他社様がセットアップし、全国の大学病院様で稼働します。
医療関係ですと、ORCA事例も一つの事例ですが、弊社製のPCが人の命に係わる現場で活躍していることを思うと、非常に光栄です。

もちろん、医療関係だけでなく、開発・研究用途として様々なお客様の元で弊社製PCが稼働しております。
PCやシステムの導入という形で、そういった方々のお手伝いができることをとても嬉しく思いますし、今後もまだ見ぬ困っている方のお役に立てられればと思います!


気になる方は、是非是非コチラへ。


←SAS HDDですね。

どうでもいいですけど、HDDって、その名の通り、硬いです
弊社で引き取ったHDDは、弊社にて完膚なきまでに破壊しつくしていますが、結構大変なんですよ…。
この話はまたそのうち。

2010年11月12日金曜日

医療システム構成PC その1

眠いです…(-ω-)

今日は朝早かったので、定時を過ぎた当たりからチラホラとあくびが…。
一応、朝早く起きるために、昨夜はいつもより早めに寝たのですが、普段のリズムが崩れてしまったからでしょう(-ω-)

タバコのおかげで、いつも起きても寝たりない感が否めませんが、普段は一応しっかり睡眠を取っているので、職務中にあくびをするなんて、滅多にありません。
ブログはいつもこんなですが、一応真面目に働いてるんですよ?
それはもう、私が犯罪を犯しても、テレビで「伊藤容疑者を知る人にインタビューしたところ、職場では真面目だったようですが、何やらかすかわからないと周りからも思われている人だったようです」と報道されるだろうと思えるくらいです。

どうでもいいですけど、普段真面目な人が犯罪を犯さないという認識っておかしいと思います。
それとも、真面目な人は真面目でいなければならない、というマスコミの見えないプレッシャーでしょうか。
そういう重圧がストレス社会の…


…あれ、何の話でしたっけ。
まぁいいや。
眠気で何書いてるのかよくわからなくなってきているので…(-ω-)





【要望】


とある医療カルテのインフラストラクチャのためのPC


【弊社が提案したPCの構成】

OSMicrosoft Windows XP Professional
for Embedded Systems SP3 日本語
チップセットIntel i3210+ICH9R ATX LGA775
CPUIntel Core2 Duo E7600 3.06GHz/3MB FSB1066 65W
メモリ合計2GB DDR2-800 PC2-6400 1GB x2
HDD500GB S-ATA 7200rpm 3.5" x1(System)
1TB S-ATA 7200rpm 3.5" x11(Data)
※いずれもニアラインストレージ
ビデオ内蔵ビデオ機能 D-Sub x1
ネットワーク10/100/1000Base-T x2
外部I/FUSB 2.0 x2 / シリアルポート x1 / PS/2 x2
内部I/FPCI-E(x8) x1 / PCI-E(x4) x1 / PCI-X x4
筐体2Uラックマウントシャーシ 800W リダンダント電源
外形寸法幅437x高さ89x奥行648(mm)
その他追加NIC Intel PRO/1000 PT サーバアダプタ
2U UPS + UPSネットワークマネージメントカード

8ポート SATAカード
備考搬入設置・設定
5年保証



この事例の一環ですね。
ただし、このPCはストレージサーバとしての役割を与えており、OSはWindows XPにしています。
今後はCentOSでの導入も検討しており、現在準備中です。

今回の事例に関して、OSのライセンスの種類はEmbeddedです。
Embedded OSを利用できるPCは、必ずしも「産業用」とは限りません。
Embed=組込ということで、産業用に限らず、医療デバイスやゲーム機器等の専用用途PCに搭載することが可能です。


ストレージ用ということで、RAIDなしでHDDは12台です。
ただ、マザーボード上にはS-ATAが6ポートしかありませんので、残りはS-ATAカード(8ポート)を増設することによって実現しています。
RAIDカードではなく、単なるS-ATAカードというのが意外とキモですねw

ただ、このS-ATAカードも少しずつ終息の方向へ進んでいるとのことで、今後はSASカードでの対応で検討し、動作検証等も行いました。
…意外と、SASカードがこちらの思うような動作がせず、予想だにせずいろんなSASカードを検証することになりましたが;
SASカードとバックプレーンをminiSAS to miniSASケーブルで接続したのですが、某a社のカードは12台中8台しか認識しませんでしたし、某a社のカードはコールドスタート時にHDDを1台も認識しない(リブートすると全数認識する)というトンデモ仕様でしたし…。
…って、どちらも某a社ですが、一応別メーカーですw


そんなこんなで、コストも考慮して結局LSIに落ち着くことになりました。
やはり、SASに関してはLSIが安定してますね。


気になる方は、是非是非コチラへ。


←HDDベイ12台搭載のシャーシです。

コストを落としていますので、ホットスワップ対応というわけではありません。
最近はストレージ容量もバカみたいに増えていますので、今後ますます増加していくものと思われます。
4Uで3.5" HDDを36台とか…。

2010年11月11日木曜日

Crucial Real SSD C300を導入しました!2

大分経ってしまいましたが、先日Crucial Real SSD C300を導入したお話をさせていただきました。
とっくにセットアップも完了し、絶賛本格稼働中です。


なんていうか、とにかく速いwww(今更
HDDでRAID 1組んだとしても、たった2台じゃ実現できないこの速さ!
アプリとか、ストレスレスで動作するのがいいですねー。

ただ、先日例に出したiTunesの起動時間に関して、2秒以内というのは言い過ぎでした;
大変申し訳ございません。

実際には、2~3秒ですねwwwwwww


ハェェェェェェェェ


さて、今回SSDを導入した理由は、SC Electric GuitarやBASiSなどのサンプルファイルをKONTAKTで読み込む時間の短縮のためです。


その結果。

※音声はないので、仕事中でも安心して見れますw

どうでもいいですけど、画面ちっちぇぇwww
解像度荒すぎるwww
何やってんのかさっぱりわかんねぇwww

動画のアップロードとかやり慣れていませんので、ご了承ください;



とりあえず、私の心の中は、もう、こんな感じです。

心の中だけとは言わず、実際現実的にこんな感じでした。


残念ながら、ビフォーを撮ってないのでアフターを見ても「あー、まぁ、速いけど。そういうもんなんじゃないの?」と思われるかもしれません。

バカ言うんじゃない!

誰か!SC Electric GuitarやBASiS使ってる人見てくれ!
そして、その速さに納得してくれ!。・゚・(ノД`)・゚・。


ただ、逆に起動が遅くなったVSTプラグインもありました。
ちょっと遅くなった、ではありません。
フリーズした?というくらい無反応。
数十秒放置して、やっと起動するという感じで…SSDの問題なのかWindows 7への対応の問題か、今のところ不明です。

ぶっちゃけると、Windows 7への対応の問題で、使えなくなってしまったVSTプラグインもあります。
AmpegSVXとか。
ベーアンシミュレーターとして重宝していたのですが、X-GEARでAmpegSVXのファイルを読み込んで代用できるのでおk。

アプリケーションも通常使用のものは一通り入れておきましたが、OSの起動もまだそこそこ速いです。
使用している間に少しずつ遅くなっていくかもしれませんが…。
UserフォルダとTempフォルダはデータ用HDDに移行しましたので、その辺でログイン時に多少の時間がかかってくるでしょうね。
数か月経った今でも、ほとんど待ちませんけどwww
サービスとかアプリとかは、やはり立ち上がりが早いです。


あと、大量の書き込みがあると、速度が途端に落ちます。
これは別にReal SSD C300だからというわけではなく、MLCのSSDの宿命ですね。
ストレージに大量書き込みを行うようなアプリケーションを使う場合は、正直SSDの恩恵に与れないと思いますので、ご注意ください。
そういう場合は、やはりHDDでRAID 0を組む方が良いですね。
一度セットアップしたら、あとは基本的に読み込みがメイン、という使い方がベストです。

SSDは、少しずつOSがサポートしているとは言ってもまだまだ発展途上のデバイスです。
HDDと違ってチューニングが必要であることが物語っているように、用途を検討し、メリット・デメリットをご理解いただいてから導入しないと、悲しいことになるかもしれません。
速度・耐久性・サイズ・静音性等、HDDと比べて良いところがフィーチャーされますが、その「構造・仕組み」が落とし穴になることもあります。
ただ、コントローラの改善やOSのサポート、ソフトウェアの特性変更により今後の発展がまだまだ見込めるデバイスですので、これからも注目度が高くなり、無視できない存在になると考えられます。


あ、「HDDの代わり」になるかどうかは別問題ですw
結局は、用途次第ですねw